業務の品質管理について

新田会計事務所では、以下の品質管理方針に則り、業務の品質維持に努めております。

1.業務実施マニュアルの整備・運用を徹底しています。

新田会計事務所では、全ての顧問先の会計帳簿の入力作業につき、 近畿税理士会が公表している業務チェックリストを元に、各顧問先様用に編集した業務実施マニュアルを作成整備しております。

業務実施マニュアルの順守の徹底により、入力作業の品質の標準化及び業務の網羅性の維持に努めております。

2.入力作業担当者を一定以上の有資格者に限定しています。

新田会計事務所では、会計帳簿の入力作業にあたって、作業担当者を日商簿記検定2級以上の資格を有する者に限定しており、入力作業の品質の維持に努めております

3.税理士による作業チェック体制の構築を徹底しています。

新田会計事務所では、作業担当者が業務実施マニュアルに従って実施した全ての入力作業項目について、税理士がチェックしております。

業務実施マニュアルの全ての作業項目につき、税理士の合格印が押印されて初めて会計帳簿が完成されることになります。

税理士による作業チェック体制の整備・運用により、業務の品質維持に努めております。

4.決算・申告書作成チェックリストの整備運用の徹底を図っております。

新田会計事務所では、税理士が決算書及び申告書を作成する際に、決算・申告書作成チェックリストの遵守を徹底しています。

税理士が当該チェックリストの遵守を図ることにより、決算・申告書の作成における検討内容の網羅性を確保することができ、その結果、充実した内容の書面添付を提出することが可能となります。

5.文書管理システムの導入・運用を図っております。

新田会計事務所では、業務の中で発生する各種書類や検討資料等の紙媒体については、全てPDFによるデータ化を実施しており、データベース内にて顧問先ごとにデータを一元管理しております。

これにより、事務所職員全員が情報を円滑に共有でき、作業の効率化及び文書管理の標準化を図っております。

また、セキュリティ設定やデータバックアップの徹底によりデータベース環境の安全性を保全しています。

6.所内研修の定期開催を行っています。

新田会計事務所では、定期的な所内研修の開催により事務所職員全員の知識の研鑽を図り、事務所全体の品質の維持に努めております。

ページトップへ

新田会計事務所 >品質管理