税理士費用体系

法人・個人事業主様共通の費用体系は以下の通りです。
また、コンビニFC経営者様向けの費用体系はこちらをご覧ください。



 ◆ 法人・個人事業主様共通の費用体系
お客様の年間売上高月額顧問料
決算料
その他費用
年間総費用
新規開業初年度
10,000円120,000円
500万円未満
13,000円 156,000円
500万円以上
1,000万円未満
16,000円 192,000円
1,000万円以上
3,000万円未満
20,000円240,000円
3,000万円以上
5,000万円未満
23,000円 276,000円
5,000万円以上
7,000万円未満
27,000円 324,000円
7,000万円以上
1億円未満
30,000円 360,000円
1億円以上
別途お見積り別途お見積り


 ◆ コンビニFC経営者様の費用体系
お客様の経営店舗数 月額顧問料
決算料
その他費用
年間総費用
1店舗 8,000円 96,000円
2店舗 12,000円 144,000円
3店舗 16,000円 192,000円
4店舗以上 別途お見積り別途お見積り
  • 上記料金には別途消費税が発生いたします。

税理士費用に含まれる業務の範囲

◆ 月々の税理士費用に含まれる業務の範囲は以下の通りです。

  1. 毎月の帳簿作成 (記帳代行)
  2. 決算書及び申告書の作成
  3. 従業員の年末調整
  4. 償却資産申告書の作成
  5. 税務署等への各種届出書類の提出
  6. お電話・メールによる税に関するご相談

上記は年間税金スケジュールの全ての作業を網羅しておりますのでどうぞご安心下さい。




(※1)月額料金の決定方法について
契約締結初年度は前年度売上高実績に基づいて決定され、次年度以降は売上高の変動に伴い顧問料も変更されます。
なお、今年度から新規に会社を設立又は個人開業されたばかりの方に関しましては、 初年度は月額1万円(税抜)となります。
(※2)自社にて弥生会計へ記帳している場合
自社にて弥生会計ソフトへの記帳を行われている場合は、標記の金額より10%OFFとさせて頂いております。
(※3)帳簿受け渡し頻度について
上記の料金体系は、帳簿受け渡し頻度を2ヶ月に1度として設定しております。毎月の受け渡しをご希望の場合は、上記表の金額にプラス2,000円が加算されます。
なお、コンビニFC経営者様の帳簿受け渡し頻度は年に1度として設定しております。
(※4)税務調査の立会いについて
税務調査の立会いにつきましては、立会い時に、立会料30,000円(税抜)/日・交通費・宿泊費等の実費をお客様に請求させていただいておりますので、予めご了承ください。
(※5)書面添付の提出について
当事務所では、税務調査の省略化を目指すために、原則として「書面添付」の提出を徹底しております。
ただし、例外的に当事務所において書面添付を提出することが適当でないと判断した場合には、書面添付は提出させていただいておりませんので、その際はご了承ください。
(※6)ご相談方法について
会計・税務のご相談方法につきましては、お客様のもとを訪問するという形式を取っておらず、お電話・メールにて対応させていただいております。
ページトップへ

新田会計事務所 >税理士費用